デリヘルの事務所のタイプについて紹介します

名古屋のデリヘルに勤めるときに気になることの1つが、事務所や待機所のことです。デリヘルには、店舗の代わりにスタッフが業務をおこなう事務所や、デリヘル嬢が指名を受けるまで待機する待機所などがあります。ここでは、デリヘルの事務所についていくつか紹介します。

マンションの一室が事務所になっているタイプ

デリヘルで一番多いのは、マンションなどの一室を事務所にしているところです。パソコンや電話などが置かれた事務用の部屋のほか、デリヘル嬢の控室になっている部屋などがあり、デリヘル嬢が出勤するとそこで待機します。

住宅型の事務所の場合、冷蔵庫やテレビといった、普通の住居にある家具をおいていることも多く、夜遅くなったときに、泊めてもらえるところもあります。

商用オフィスを事務所にしているタイプ

デリヘルのなかには、商用オフィスビルに事務所を構えるタイプもあります。このタイプのデリヘルでは、事務所はスタッフの業務をする場所で、待機所を別のところに用意していることがほとんどです。そのため事務所にいくのは、面接のときか何かあったときだけ、ということも少なくありません。

また、オフィス型の事務所を構えるデリヘルは、待機所をつくらず、デリヘル嬢を自宅に待機させて、指名があると直接客のもとへおくるというシステムのところもあります。こういうシステムのデリヘルのなかには、事務所すらなく、携帯番号1つで営業しているところもありますが、よほど信用できそうな業者でない限り、避けたほうが無難です。

デリヘルは事務所のタイプなどによって待機時のシステムが違う

デリヘルは、事務所のタイプなどによって、待機するときのシステムが変わります。名古屋の風俗求人などを見て、デリヘルの仕事を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

関連する記事

コメントは受け付けていません。