しっかり対策すれば回避可能!デリヘルで仕事をするときのデメリットについて

名古屋でもっとも多い風俗求人はデリヘルですが、いくら求人が多くても、安易に仕事先にデリヘルを選ぶのはおすすめできません。デリヘルのデメリットをしっかり理解して、その上で勤めるようにしたほうが安心です。

デリヘルは身バレしにくいがお金の使い方などで身バレする可能性がある

風俗の仕事をしていて、1番怖いのが身バレです。家族や知人、恋人に風俗の仕事をしていることがバレると、さまざまな問題が生じると考えられます。デリヘルの場合、店舗などがないので、お店に入る所を見られたりする心配がなく、風俗のなかでも身バレしにくい仕事です。

しかし、デリヘルで大金を稼ぐとどうしても、金遣いが荒くなることが少なくありません。そのため、普段の生活態度が変わったことで、風俗の仕事をしているのではと疑われる可能性があります。ある程度の自己管理ができていないと、デリヘルでも身バレする可能性があることを頭に入れておきましょう。

お客と1対1になるためトラブルは自分で処理しないといけない

普通の風俗店では、男性スタッフが常駐しているため、接客中になにか起こっても助けてもらえます。しかし、デリヘルでは、客が指定した場所まで男性スタッフに送迎してもらうことはありますが、現地では、自分ひとりですべての事態に対応しなければいけません。

風俗の客のなかには、お店で禁止している本番プレイを要求したり、無理やりプレイさせようとしてくる相手もいます。風俗の仕事に慣れていない女性がデリヘルの仕事をするときは、男性客とのトラブルの可能性があることを認識し、対抗策などを自分の勤めているデリヘルのスタッフに確認しておきましょう。

デリヘルのデメリットはしっかり対策すれば回避できる

デリヘルのデメリットは、しっかり対策しておけば、回避できるものばかりです。名古屋でデリヘルの求人に応募するときには、自分の安全のためにもしっかりとデメリットがあることを認識して、対策しておきましょう。

関連する記事

コメントは受け付けていません。